どうして選んだかを伝える

a man talking on the phone

これまでのページではjava関連の求人に応募をして採用されるためには、いかに面接が大切であるかの説明をしてきました。その面接で必ず聞かれることについて皆さんはご存知でしょうか。それは志望動機です。これは、どこの会社でも面接の最初に聞かれるものです。聞かない会社はないでしょう。これは何を意味しているのかお分かりでしょう。会社が最も重要視しているという証拠なんです。ですから、java関連の求人に応募をする際は必ず志望動機について考えておくことが重要です。この志望動機で誤った答えをしてしまうと、不採用になる可能性があるんです。
誤った志望動機として挙げることができるのが、勉強がしたといったものです。言っている側はjava関連の仕事を通じて自分を成長させたいという謙虚な気持ちを持っているのでしょうか。ですが、会社側からすれば、職場と学校が区別できていない学生だと思ってしまうんです。勉強がしたいというのではなく、java関連の仕事を通じて何がしたいかを明確に伝えるようにしましょう。
また、中にはjava関連の求人の条件面だけを志望動機に挙げる人がいます。給料が良い、家から近い、転勤がない、そういったことばかりを志望動機にしてしまうと、会社側から信頼されることはありません。もし他に良い条件の会社があればすぐに辞めるだろうと判断されてしまうんです。これはマイナスイメージにしかなりません。
java関連の求人で面接を受けたときに聞かれる志望動機は非常に重要です。先ほど挙げたような答えにならないように求人に応募するときから考えておきましょう。